アナログ&ローテクそして感動

アクセスカウンタ

zoom RSS エレキジャックNo.18の記事

<<   作成日時 : 2010/04/25 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5月24日に発売された”エレキジャックNo.18”の特集が「光り電話で通信ゴッコしちゃお」で”Part1 太陽光の反射で光通信(34ページ〜38ページ)は昨年の10月に私が近所の商店街のイベント(秋の平和坂祭り)で子供向けに行った実験と同じで興味を持って読みました。

私も当時実験するのにインターネットで検索をして安く簡単に作れるのを捜して候補を幾つか上げて実験を行い再現性が良いのを選んだのがこの実験でした。

私は太陽光ではなく懐中電灯を使いました。
紙コップの底をくりぬいてアルミ箔(キッチン用)を張ったのは同じです。
その紙コップを小さい三脚に取付て向きを安定して話せるようにしました。
ただ、インターネットで検索した実験も、この記事の実験でも太陽電池の出力(直流)を直接ラジカセのマイク入力に入れているのが気になりました。
ラジカセの入力回路が分からないので私は太陽電池の出力に負荷抵抗と結合コンデンサーを入れてマイク入力には直流が直接入らないようにしました。
この記事では太陽電池を塩ビパイプに入れて外部の光を遮断していますが、私はティッシュペーパーの空箱を加工して中にシールタイプの太陽電池を入れました。
太陽電池は千石商会で購入したものです。
こんなものでもラジカセからは結構大きな音が出ました。(音質は別です(hi))

画像


画像


画像




高周波・無線教科書―基本をおさえて無線工学の基礎を理解する (エレクトロニクス講座シリーズ)
CQ出版
根日屋 英之

ユーザレビュー:
よくまとめられている ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エレキジャックNo.18の記事 アナログ&ローテクそして感動/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる