マニアックな趣味にまつわる謎解き小説

柊サナエさん著作の「谷中レトロカメラ店謎日和」と言う小説を読んだが結構面白かった。
クラシックカメラ(銀塩/フィルム)ファンなら解けるかもしれない謎などもあり一読の価値はあるのではないかなー

登場人物の背景、文体などは女性らしくてマニアックな題材ではあるがクラシックカメラファンとしては新鮮に感じるかもしれない。

続編として「谷中レトロカメラ店謎日和 フィルム、時を止める魔法」が刊行されているようなので探して読んでみたいと考えている。

マニアックな趣味としてアマチュア無線もありこちらにもレトロな無線機、自作した無線機などが中古専門店としてはカメラ店と違ってないが中古も扱っている店はある。
クラシックカメラと同じでレトロな無線機や自作した無線機は思い入れがある場合も多い。
ただ、クラシックカメラ(銀塩/フィルム)は手入れをしていればフィルムが売られている限り使用することができる。
レトロな無線機や自作した無線機は電波法の改正により相当技術力がある人が手をかけないと使用していくのは難しいかもしれない。
だれかレトロな無線機や自作した無線機にまつわる謎解き小説など書いてもらえたら嬉しいなーと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック