新年に読んで面白かった本

昨年末に買った本で昨日・今日と面白く楽しく読めた!
最後の秘境 東京藝大(天才たちのカオスな日常) と言う本で著者は”二宮敦人”です。

著者の奥様が東京藝大出身で芸術家と言うことで違いを感じて東京藝大の学生を取材して書いている。
この本を読むと東京藝大の環境がいかにカオスで私のような一般人とかけ離れている(?)かと思う。
文章を書く能力のない私には面白さを分かってもらえるようには書くことができない。
なので暇のある人は是非読んでほしいと思う本です。

このような大学があるかと思うと日本もまだ捨てたものではないと感じる。
将来的になくならないでほしい大学だ!
ただ、卒業生が幸せにな暮らしを得てほしいと願うばかりだ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント